自然の営みの英知に学ぶマネジメント。

ニューヨークのウオールストリートのビル。by SOFICS

自然の営みの英知に学ぶ人間社会のマネジメント〈営み)。

40億年の知性が活きる自然界のエコロジーの知恵が人間社会のエコノミー(経済学)を生み、マネジメント(経営学)を生んだ。

自然界の営みのスケールは、宇宙から、ミクロな微生物にまで及ぶ壮大な『入れ子』になっているシステム。この組織は分裂することもなく見事な調和をなしている。

コスモス(宇宙)の色彩の詩。作、たかの。

地球に生命が誕生して40億年。その進化の中で自然の営みは最高の効率と効果をもたらすシステムができている。
そこには余計なものも不足するものもない。

生態系は40億年の進化の中で最も効率効果の良いオーガニゼションの英知を獲得した。生態的オーガニゼションは理想の組織。作、くさき。

京セラの創業者稲盛氏は、アメーバ-の生態からアメーバ-経営を考案した。氏が人生のモットーとするのは敬天愛人。天を敬い人を愛す。天とは自然。

P・ドラッカーは生態学的経営学を唱えてきた。

シカゴ大教授のリチャード・セイラーは、人間の行動心理に基づく行動経済学でノーベル賞を受賞。人間の内なる自然の心のエネルギーは人間の行動を決定する。

人間界の効率効果の悪さは、実際はありもしない境界を頭の中で構築し行動しているから。それが障害になりコミュニケーションもオーガニセーションも効果効率が悪くなる。自然界にはそのような境界が存在しない。人間の自然体はそれらの境界線が薄らいでパフォーマンスするからトップパフォーマンスが発揮できる。

ソフィックスは頭の中の境界線を色彩の詩で取り払うプログラムを開発しました