ソフィックス研究所。ソフィックスアカデミア。創立1989年。

ソフィックス研究所は自然の英知を人間社会に活かす研究開発をしています。自然には人智を超える英知が在ります。

自然と人間の間で働く魔法がある。

人が美しい自然に接したとき、人は催眠にかかって心を奪われて陶酔状態になる。それはなぜなのか?
毎年、何百万人もの人々が桜の花に集団催眠にかかりいっせいに誘い出される。
人は自然に神を感じるのはなぜ?
自然は人にインスピレーションを与えて芸術を生みださせる。
自然が人間に魔法をかける呪文は「色彩」である。自然が表す色彩の詩に人間は我を忘れ陶酔する。
自然は色彩でメッセージを人間に伝える。そのメッセージは人間にインスピレーションを与え、人間の創造本能を動かす。
現代人の脳は2~3万年前に比べ、およそ握りこぶし一つほどの脳が減っている。ITテクノロジー環境が拡大する中で、人間の脳は反対に退化が進む。
脳の退化から社会崩壊が、家庭崩壊が起こる。退化が進む現代人の能力を進化しなければならない。ソフィックス研究所は、自然の英知を活かしてこの問題の解決に取り組みました。
ソフィックスは人類が進化してきた跡をたどり、人間が能力を進化する仕組みを見つけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。