芸術文化の発祥地。

芸術文化は、人間の「内なる自然」から発祥したもの。

人間の内なる自然とは、ヒトが進化の過程で獲得し人間の中に蓄積された能力や文化のこと。

300万年前にヒトは二足歩行に進化。両手が空いて自由に使えるようになり、このとき以来ヒトに爆発的進化が始まる。

洞窟の芸術家は3万5千年以上前から創造活動。

彼らは写生もデッサンもせずに、彼らの〈内なる自然〉から像を浮上させて手で描く。

縄文の芸術家の手は1万五千年以上前から創造活動。

彼らは設計図もなしに、〈内なる自然〉からイメージを浮上させて土器を手で創造。

人の内なる自然は〈庭〉という内なる文化を生み出した。

家の壁画に自然を描き、室内に内なる自然を表した。

ナチュラルカラーリストは、芸術・文化の発祥地へカラーツーリングトリップし現代人の創造能力を進化する。