自然の色彩の詩(うた)。

自然はなにごとも色彩に織り込んでメッセージを表す詩人。自然は色彩のなかに音楽もストーリーも織り込んだメッセージを表す。それを色彩の詩(うた)となずけています。

人間の感覚が拡大する。

摺り紙を通じて 自然と色彩のスキンシップをするようになると、万能の手が復活する上に、人間の感覚力が拡がってゆく。人間のことはでは色の世界は絵画という名で、音の世界は音楽という名がつけられ仕切られている。

ところが自然環境では色と音の間の仕切りはなく、色は音を引き連れているし、音に色がついている。

また、目に見えない気を感じ、「気配」をとらえる第6感も開かれてくる。

自然は何ごとも色彩で表す色彩の詩人。だから、人間もそこまで感性を広げる自然体になることができる。人間が言葉で仕切った世界を通り抜ける色彩の詩を表して、自然体へ進む。

ナチュラルカラーリストは自然に色彩を学び、色彩て自然とスキンシップをし、自然体を得る。自然が色彩の詩人であるごとく、ナチュラルカラーリストも色彩で表してみる。

人間進化への創造力を解放する。