色彩の詩(うた)。

自然の色は自然の営みの中から生まれる。だから、その色は上辺を飾るだけのものではなく、そのなかで働く自然の英知のメッセージが表れる。

里山の実りの色彩の詩。

自然の営みには40億年の英知が働いている。そこには人知を超えた叡智がある。

アザミのトゲの鋭さの色彩の詩。

森の色彩の詩。自然と色彩で対話をすると、ハミングする音楽が聞こえ、語る声も響いてきます。人間の自然体のアンテナがインスピレーションとして受け取ります。

落日の輝きの色彩の詩。

映ろう季節の色彩の詩

子供の手は天性の色彩の詩人。

色彩の詩はどこにでも表せて、新世界を創造します。

和菓子の秋の色彩の詩。

屋久島のシャクナゲの詩。

カンナの花の色彩の詩。作、タカノ。

トロピカルの色彩の詩人たち。(マレーシアにて)

インテリアに表わす山の色彩の詩。