自然色彩学

自然色彩学は自然の魔法を解明する中で生まれました。

人間は季節の花に集団的催眠術にかかり花見へでかける。
花に囲まれた空間に入ると包まれると、人は陶酔状態になる。
花には脳を快適にし人を陶酔状態にする魔法がある。

人々は湖の神秘的な色に魂を奪われる。

催眠に架かるのは人間だけではない。他の動物も吸い寄せられる。

沈みゆく夕日に我を忘れて魅入る。最高に心地よい瞑想をしているようだ。

森と湖の合唱する音楽が聞こえてくる感覚が心の奥から湧き上がる。音に色がついているような。

自然の色は音も動きも香りもストーリーも引き連れて人間の五感へ語り掛ける。この自然のメッセージシステムをソフィックスは「色彩の詩」と名付けました。詩人は色も音もストーリーも境目をつけずにひとまとめに受け入れる感性を持った人です。

人間の中に自然の魔法を抵抗なく心地よく受け入れてしまう仕組みがある。

人間のなかに体内時計があるが、それはいつから棲んでいるのか。

自然の色は永遠のメッセージ。

オオがハスの色彩の詩は縄文時代と変わらぬ色を現代に伝えている。

人間の中にも色彩の詩により「自然の魔法」が写し込まれている。 人間の内なる自然には測り知れない才能が潜在している。

自然の魔法は人間の内なる自然に魔法の手を授けた。