自然色彩学とは。

自然は何ごとでも色彩にして表しメッセージを伝え、自然の色は地球の共通言語で生態系のコニュニケーションネットワークを形成している。

地球の共通言語としての自然の色彩の文法を解明し、色彩が表すメッセージを解読する。人類は原初の頃から色彩のメッセージのやり取りから環境を学び進化している。

自然色彩学は自然の叡智を地球共通言語の色彩で自然から直接学びます。

自然は明確な法則性を持つシステム。自然色彩学は自然の色彩から自然のシステムを学ぶ科学であり、アートである。

自然の色彩は、自然の叡智を表すシステムであると同時に、至高の美を表す芸術である。さらにまた、自然は人智を超えた魔法がある。

サイエンスと芸術と魔法が同居した世界。自然色彩学は科学と芸術と自然の魔法に取り組みます。

文化は人間の心が産み出したもの。心の中に内なる自然界がある。そこへは自然の色をたどるカラーツーリングして、文化の真髄を学ぶことができる。

自然の色は人間にも昆虫にも植物にも通じる地球の共通言語。 生態系のコミュニケーション媒体です。

生態学も民俗文化も芸術も自然色彩学で学ぶことができる。それは自然の色は世界共通言語だから。

ソフィックス研究所は自然色彩学の開祖となりました。

私たち人間には、自然の情報が色彩により深く刻まれている。身体的にも精神的にも、更に霊的にも自然の情報が織り込まれた織物になっている。

自然色彩学で世界を色で巡るカラーツーリズムを楽しむ。

自然色彩学で、芸術とテクノロジーを結びつけて新しい価値を見つけ出します。