自然と人が色で結びつく自然文化。

美を自然から学ぶ日本文化の伝統。

神が宿る自然を尊ぶ日本の伝統文化。

自然は色彩で美を表し、色彩の中に神を表す。自然と人が色で結ばれる自然文化は日本人の精神的基盤。

自然の美を尊ぶ精神が現れる和食が世界の文化遺産に。

世界の人々が日本をNo.1の国として選んだのは、健康な食、自然の美、自然とむすびついた文化である。先進的な工業テクノロジーではなく、自然文化を世界で最も素晴らしい国として日本が選ばれた要素。日本の将来はこの自然文化を維持発展させること。伝統を護るには革新が必要となる。

現代の日本人は自然とのスキンシップをすることが少なくなり、文化的な、能力的な退化がすすんでいる。

自然と人が結びつく自然文化は、人間の能力を拡大し、不可能を可能にし、機械文化の奴隷化から解放する救いの手である。

自然との色の結びつきを楽しむナチュラルカラーリストの自然文化。