自然の魔法は自然の魅力ある恵み。

自然の美を尊ぶなかでもたらされて、人生の可能性の扉を開く。

自然の魔法は人間の中に秘められた魔法も引き出して、人間の可能性の扉を開く。

理性や科学的手法でつかみ切れない自然の能力や、知恵、そして現象があります。自然の猛威のような力もあれば、現代人の普通の感覚でも機械でもつかめない微細な存在が働いていて、そんな環境の中で私たちは知らないうちに影響されながら生活している。

地震の予知は、人間の科学には不可能だけれど、野生動物には予知できる自然の能力がある。

自然の魔法を活かすことで今までできなかったことができるようになる。つまり、人間の能力の可能性が拡大する。

それとは逆に、人間本来の能力が退化すると、不幸を招く。例えば、免疫力の退化や認知能力の退化が起こるとどうなるか。

現代人には能力の退化が幅広い範囲で現実に起っっている。自然の魔法で退化した能力を進化させられたら、人類的に幸せ向かうことになる。

古代人の能力を、その遺跡から推測してみよう。
マヤ人の 祖先が達成した想像を超える能力はどこから現れた?

人間の内なる自然にも魔法の巣がある。

自然の魔法はどこに現れる? 
どうしたら現れる?

そのひとつとして、自然の創造の様子を習う人間の「手」が自然の魔法を帯びる。

自然の創造は色彩の中で姿が現れ、自然の魔法は色彩と直結している。

自然の魔法には、人間に真似のできない知恵や美しさ、そして、神秘的な力が存在する。

自然の美しさは人の心を奪い陶酔させる魔力を放つ。

ダビンチ、ガウディ、ゴッホ、北斎・・・。世界の美の巨匠たちは自然の魔法と師弟関係を結んできた。そして才能を開花した。

人間がいくら科学を駆使してもできない地震予知が、野生動物の魔法で地震は予知される。

科学者たちも、問題解決には自然の魔法を真似る方が賢明であることに気が付いた。

自然の魔法の扉を開くには、自然の創造の手に習う。