花鏡文化。

花は自然界の色彩の主役である。花は地上を色とりどりの世界に変えた。花の色彩世界を表す花鏡の三面鏡。

花は自然の色彩の魅力を映し出した鏡である。

自然の花が色彩を美しく見せる法則を映し出す花鏡を発明。

花の色彩成功物語。

1億数千年前、植物は花を生み出して地上最大の繁栄者となった。その秘密は色で魅惑することに成功したことにある 。

花は色とりどりの装いでエコロジー(生態系)のパートナーを魅惑する自然界の色彩美を代表する存在。

ソフィックスは花が遺伝し継承している色彩の三面相の法則を発見しました。

進化の遺伝法則:植物は花を生み出し、花は繁栄に成功した色彩パターンを子々孫々に 遺伝し進化して来た。この色彩パターンは、人間にも代々快適な色として摺り込まれ、現代人に引き継がれている。

花が色彩を美しく見せる三面相の 法則。

花の色彩の三面相の法則を映し出す三面鏡の花鏡を発明しました。

人の装い、家の装い、街の装いを花鏡でトータルラッピング。

花鏡で色彩をラッピングするように色彩コーディネートすれば、人間に快適な自然法則に基づく環境が生まれる。

花の魅力を映し出す「花のある人」が生まれる。

住まいに自然とのエコロジーの色彩の絆を生み出す。

人が植物の生命力を身に帯びるパーソナルカラー革命。

世界の民族衣装にも色彩の自然法則が生きている。

ルノワール芸術の人と花のラッピング。

女性と花で花束をつくるルノワール芸術。

空間の三面鏡ラッピング。

ソルラッピング色彩環境。

エアロラッピング色彩環境

アクアラッピング色彩環境