花鏡。 花のある人、華になる人に。

花と人の新しい結びつきを生む花鏡クロス。

植物の繁栄をもたらした花の色彩パターンが集合した花鏡クロス。花と人美しい花束にする花鏡ラッピング。

花の魅力を人に映し出す花鏡。

花のある人に:花鏡は人に花の魅力を映し出す鏡。

華になる人に:

花と人の魅力的な花束ができ、ルノワールが描いた女性の如く華になる人の魅力を発揮します。

民族衣装から現代ファッションまで自然の美と結びついて、人間の魅力が飛躍する。

花と人で美しい花束になるように、花の自然の色で人の装いの色のトータルコーディネートができます。

ルノワールの絵の女性は花と一緒に描かれて、花と人が花束になっている。

名画「湖畔」の美人も、見返り美人も、美人画は花の美を人に映し出すように描かれている。

街の景観と人を花鏡ラッピングし、華になる人の魅力が輝く。

花と人で、ひとつの美しい花束になるように、個人の色型と花の色型が一致する花を見つける花鏡クロス。

同じ黄系統の花でも、色型が違えば似合う人が変わる。上の二人の女性は色型が違い、花が異なります。左のミツマタの花は太陽を原風景とするソル型。右の末用具差は森を原風景とするエアロ型。

宮中の徐幹の十二単の色彩コーディネートも、季節の色で女性の新鮮な美しさを放つ 。

装いの花が変わるとイメージが千変万化。新鮮な美しさが浮かび上がります。

花鏡は自然の美しさを人にも、どこにでも、いつでも映し出す魔法の鏡です。

花鏡物語は花と美との結びつきを深めて、現代社会のストレスから人を解放し、心の健康が護られます。