心の自然学。未来は心の時代。

心の中の色記憶回路を発見。

人類は自然の教えを色彩で受けとり色彩で記憶するカラーツーリング回路が発達した。

人類が採取狩猟で生活をしていた時代、自然の中には文字も名称も、時計もない。そこにあるのは自然の色彩とその変化だけ。

自然環境で自然の教えを色彩で受け取り、色彩で記憶して身に付け進化した。

この色彩記憶体験の積み重ねは、人間の心に色彩記憶ライブラリーとなり蓄積されている。

心の中の色彩記憶ライブラリーは自然界と同じ広さがある。

人類は自然の色彩を目で追い、色彩で考え、色彩で記憶するカラーツーリング行動で進化の道を歩んできた。

自然の教えと人間の知恵が集まるカラーツーリング記録ライブラリーが心の中に潜在し、ここは潜在能力の巣のようなもの。

色彩記憶ライブラリーへ意識を到達させるには心を自然の色彩に乗せることで達成できる。そして、人間に秘められた超人的な能力が目覚めだす。