植物の知恵を活かす。

自然の教えには人智を超えた英知が在る。自然の教えを活かすのも自然文化の大きな一面。植物はわれわれ動物より高度な進化を遂げた生物で、植物は地球史上で、色彩で最大の繁栄をもたらした存在。

植物の知恵やテクノロジーは、人間の未来社会に最も必要な手本となるエコシステム。

人類を含め動物界は植物に依存して生命をつないでいる。

植物の知恵は人間が最も学ばねばならない高度な仕組みを持っている。植物は光を利用して地球の生態系の色彩ネットワークを築き上げた。色彩のコミュニケーションシステムは植物によって築きあげられたもので、生態系を支える重要な媒体。色彩のコミュニケーションには動物にも人間にも翻訳がいらない。しかも最速で伝わる光信号。そのおかげで人間も地上で生きて行けるようになった。

自然から色彩を学ぶとともに、色彩から自然の英知を学ぶことができる。自然からインスピレーションの形で人間に自然の知恵が届けられる。

自然とスキンシップを持つと自然のインスピレーションを受ける。それは、自然とのスキンシップで人間の感覚が広がり、インスピレーションを受けとれるようになる。

植物の乱獲は気象変動の激化を生み出す人類の自殺的行為。