自然から直接学ぶから天才になった人たち。

世界的な天才たちは直接自然から学んでいる。自然から直接学ぶとオリジナルな英知が学べるから。そうすると他人ができないことができる。そのパフォーマンスは他人の目から見れば天才だと映る。もうひとつ、自然という先生は人間を解放する魔法がある。つまり、才能を解放するから吸収口が広がる。

自然から直接学ぶには、人間の言葉が通じないから、何か自然との橋渡しとなる方法が必要になる。

ダヴィンチの万能の手:ダヴィンチが学んだ師匠は自然。彼は文字で学ぶより、観察しスケッチすることにより自然法則を学んでいる。そして、自然界の無境界法則からダヴィンチの万能の才能が育った。「自然には不足するものも余計なものもない。レオナルド・ダヴィンチ」

空海のマンダラ:空海の人生目的は自然と一体化すること。この人生目的を橋渡ししたのがマンダラである。空海はマンダラに宇宙をとらえ、自然の森羅万象を観た。そして、「人の心の中もマンダラになっている。空海」

北斎の目:北斎の作品は、今や欧州でダビンチの並ぶ人気。北斎は自然と会話し、自然の無境界な姿を自由に描いた。その大胆な構図や色は欧州の芸術家を驚かせ影響を与えた。北斎をたえず自然と結びつけたものは色彩である。

ダーウィンの進化:ダーウィンの綿密な自然観察眼は、人類をサルからの進化であると見抜いた。自然界は進化がごく当たり前に行われる。進化の自然法則の裏に先祖帰りの法則がある。「自然に学ぶ天才に学ぶ」ことは、この先祖帰りの自然法則を実行することに他ならない。

W.モリスの永遠の流行デザイン:流行を追うモノは、1年で流行おくれの烙印を押される。19世紀の詩人ウイリアムモリスのモダンデザインは、いまでも人気がある永遠の流行のデザインである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。