季節の色彩の詩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月初旬の瀬戸内国立公園地帯の色彩の詩を表しましたナンキンハゼの紅葉と山茶花の花がバトンタッチをして季節の色どりを続けます。この色彩の詩から幾つもの自然の教えが読み取れます。読者の皆さんの目にはどのような英知が映りましたでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。