原色トリップ

カラーツーリングトリップ現象の発見。人は自然の原色を表すと心が自然をトリップする。

自然の原色を手で表すだけで心が自然にトリップして心が自然と一つになる。

形はいかようであっても、自然の原色を手で表すと心は自然にトリップする。

自然の原色を表し好きなように描いても、心が自然にトリップして心地よくなります。その背景には人類は自然環境を最も快適な環境として感じるように進化していることが挙げられます。

心が自然にトリップすると自然と人が一つになります。
人間は自然環境で最も能力を発揮できるように進化してきました。 だから、自然と心が結び付くと人間のパフォーマンスが高まります。

自然は何ごとも色彩で表しメッセージを伝える仕組みです。

ヒトは進化する過程で、自然が表す色彩から自然の意思を読み取ってきました。この体験の積み重ねが、人間と自然が色の絆で結ばれるようになりました。

カラーツーリングトリップ現象の発見は、自然色彩学研究の成果の一つです。この自然と人間の色の絆を活かして、人間の大いなる可能性が広がります。