ナチュラルカラーリストのミラクルハンズ。

自然の色を紡ぐ手で脳が活性化する。人間の手に秘められた「不思議な力」を発見。

人類の進化の過程を追いかけて、人間の手と自然の色と脳のつながりをたどりました。

人類の脳の発達は「手」からもたらされた。 手の形の進化が脳を発達させ、その結果、色が見えるようになりました。

祖先は色を使って伝えたいことを描くことを始めました。
これは人類最古の表現法です。

人類の脳が進化し能力が拡大した歴史を集約して、現代人の脳が活性化する〈手〉のテクノロジーを開発しました。人間の能力の可能性が大きく広がります。

人間の手は霊長類の頃に樹上生活で木の枝が握れるように進化して、目と手の機能が統合し脳は大きくなり発達。そして色が見えるようになった。自然の色と手と脳が結びついて働く。

色が見える歓びの記憶が残っていて、今でも毎年多くの人が桜の開花や紅葉の色を楽しみに出かける。

古代人の手の優れた創造能力の一端が推し測られる縄文土器や古代マヤのピラミッド。

古代人は絵を習ったわけでもないのに、こんなにうまく描けていた。人間には描いて表す天性の能力が内在している。

子供の手は絵を習わなくても描くことが好き。

人類進化の過程を集約したハンドテクノロジーを開発しました。
人間の脳がよろこんで活性化し潜在能力を引き出す《ナチュラルカラーリストミラクルハンズ》という手法です。

能力の退化が進む現代人を救う。

野生動物が家畜化すると脳が縮小する。現代人の脳は人工環境に依存するあまり縮小しているという研究結果が発表されている。免疫力の退化から二人に一人がガンになり、やがて5人に1人が認知症になるという。成年男子の精子力の退化が世界的に広がる。依存症の蔓延は環境への適応力を失う。

ナチュラルカラーリストミラクルハンズは、現代人をの能力退化の危機から救う手のテクノロジーです。