言葉の境界を通り抜ける色彩の詩

色彩の詩は文化圏の境界を通り抜ける世界共通言語メッセージ。

色彩の詩人の目は、常識の壁を通り抜け新世界を見つける目になります。発見や発明の才能が開花します。

 

太古の海の生命たち。作、草木。

色彩の詩は、未知の世界も色彩で表します。誰も思いつかない想像力が働くようになります。

人が色彩の詩を表すと、デザインが美しさを増し、人を心地よく陶酔させる。その応用世界は無限にあり、デザインの価値を高めます。

自然の色を装いの色彩の詩にあらわすと、人の美しさが輝く。芸術と自然がつながる自然の色彩の橋となる。

団扇を持つ少女の団扇は日本のもの。団扇に描かれたいる日本の色彩の詩が日本とルノワールの架け橋となった。

時空を超えが結ばれた北斎の色彩の詩はフランクロイドライトの名建築。