万葉の野あそび

万葉人は四季の植物の色を愛で、自然を友として暮らしていました。その結果、豊かな才能が育まれ日本人の美意識の基層となりました。自然の美を見つける鋭い感覚は現代人をはるかにしのぐものがあります。植物と色の帯で結ばれた超越的能力を持っていました。現代人から失われた能力の跡を追い、復活するのが「万葉の野あそ」という自然とスキンシップする方法です。

万葉の原風景の色を描いた色彩の詩で、万葉時代の世界に心を馳せる。

万葉の摺り衣・・・植物の色を摺り込んだ衣で身を包んだ万葉人。

万葉の植物とスキンシップを持つ現代人の万葉の野あそびは、心を自然態にリセットし、いつまでも、みずみずしい感覚と肌をもたらします。

自然からインスピレーションを受けて才能が飛躍する。