色彩の詩、「夢見る萩の花」。

夢見る萩の花を表しました。

夢を見ている萩の花。

萩といえば昼間観るのが常識です。萩が咲くころは日が短くなり秋の太陽はつるべ落としに沈みます。眠りについた萩の花の寝顔は、昼間の顔以上に美しく妖艶です。その美しさに魅かれ色彩の詩を描きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。