「色彩の乗り物」に乗って。万能の手が復活する。

自然の創造の第2の手は、自然の自由意思による創造を習うことです。

自然の創造に学ぶべき最も特徴的なことは、独創的なオリジナルが如何にして生まれるかを習うことです。

手を色彩の翼に乗せて、手の自由意思で色彩創造をします。自然界の創造の特徴は自由意思によるもので、それゆえオリジナルが生まれます。

人間が社会のしがらみから解放され、閉じ込められた才能が解放されて、想像力が迸る。

手は自然の色彩をつむぎ、その色を自由意思で動かせます。解放の悦びに手がひとりでに踊ります。その手の動きは、その人にしかできない自然の動きが現れます。そこからオリジナルな創造が生まれます。

色彩の乗り物に乗ったように、手が自由にツーリングすると、脳は快適な自然のリズムの刺激に、現代生活の慢性的緊張状態から解放されリラックスします。人間の内なる自然が目を覚まし潜在能力が活性化する。

色彩の波に乗って、手がひとりでに動きオリジナルな創造を紡ぎだす。

自然の創造の手が紡ぐものはすべてがオリジナル。

内なる自然の扉が開き無意識のツーリングを楽しめる。内なる自然は自然界と同じ広さがあります。自然の創造の手に習うと内なる自然とのやり取りが増える。そこから潜在能力が噴出してくる。

現代人が失った万能の手が復活する。脳が活性化する。

万能型の手は人間にだけ与えられた資産。

万能の手は、同じく人間だけに与えられた想像力を連れ出す。これらの天然の資質が活性化して、次なる自然の魔法を手にすることができる。