ソフィックス研究所。ソフィックスアカデミア。1989年平成元年創立。

創立者:草木正弘

 

ミッション:ソフィックスは自然の英知の恵みを人と社会に活かす道を切り開いています。

現代科学は進んでいるように見えて、未だに地震を予知することができない。野生動物は自然災害を予知し難を逃れている。科学技術は進化しているのに、現代人は自然体の能力が退化し、2人に1人がガンになり、心の病と、それに伴う犯罪が広がっている。

経済の成長力が世界的に衰える一方で、所得格差が広がる。人類は知恵を絞り文明を発達させてきたはずなのに、人間社会の営みは世界的にアンバランスに向かっている。どうやら何かが間違っているに違いありません。

自然の一部である人間は自然と共に生きなければ存在できない。
にもかかわらず、現代の人間社会は自然から遠ざかる方向へ進んでいます。このままでは、人類は絶滅危惧種になる恐れもあります。自然界では互いに共生しゼロタイムゼロコストの営みが行われているのに、人間社会は所得格差が広がり、コストも拡大している。

自然資源には限りがあるが、太陽エネルギーと共に自然の英知のソフトは無限にある。その活用は現代社会の問題を解決する新しい知恵と新世界への道を開きます。

リサーチ:自然を学ぶのに自然には人間の言葉が通じない。自然と直接会話して、自然の隠された知恵や法則を学ぶにはどうしたらよいか。ソフィックスは先ず、自然から直接学ぶ方法の研究から始めました。

 

 

 

 

 

発見:
自然観察を重ねた結果、自然は何ごとも色彩に表わしていることが分かりました。自然界は色彩を架け橋にして営みを行います。自然界を縦横に結んでいる色の橋を見つけました。生態系とは色を共通言語にしたネットワークで、それは地球のいたるところに張り巡らされている。

 

 

人間の中にも自然がいぱい詰まっている。

人類は進化の過程で自然がいっぱい刻まれて、人間には生まれながらに「内なる自然」を抱え生命を支えている。それは、自然界と入れ子になっていて、外なる自然の英知は人間の内なる自然の英知を引出して人間の能力を高める。

 

ナチュラルテクノロジストとしてのナチュラルカラーリスト。

ナチュラルカラーリストは色彩の詩人として自然の英知をとらえるとともに、その英知を人間社会で活かす実践的技術者(テクノロジスト)でもあります。現実に多くのモノづくりのデザインをしてきました。また、経営やマーケティングソフトも開発してきました。その中に世界的特許を取得したナチュラルカラーリストシステムがあります。自然の英知には何一つ実践の役に立たないものはない。自然界で行われていることは、すべてが必然性により営まれます。

 

自然のエコロジーシステムはゼロコスト・ゼロタイム経営。それは、人間社会の営みのエコノミー(経済学)の手本で、マネジメント(経営学)の理想。自然のテクノロジーは、iPS細胞のような再生医療に活かされている。自然の微生物のテクノロージ-は、発酵技術として活かされている。

現代人は能力が退化している。
これからは、人類は自然の進化の英知を学ばねばならない。自然の進化法則には「先祖帰りの英知」がある。その自然の英知は何を教えているか。自然の原点に戻り、自然の叡智に学べ、ということを教えています。ソフィックスは人間の進化を引き出す「手」を発見しました。

自然界の営みはガイアの色彩の輪から孤立しているものはない。
不足しているものも余計なものもなく互いに活かしあい結ばれ合って、ゼロタイムゼロコストの共生社会が営まれている。自然の色は全てを引き連れて平等に同時にメッセージを伝える。現代の人も社会の営みも、自然社会のデザインに学ぶことが最も賢明です。そこには40億年の進化の中で積み重ねられた知恵がある。

 

ソフィックス研究所の発見と発明のリストへ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。