自然体の予知能力。

動物たちは地震を予知して避難する。現代は最新の科学を駆使しても地震を予知することはできてない。

自然界はどうやって予知能力が発達したのか。

自然界は常に変化しているから、環境の変化を常にキャッチしている。環境の変化の情報を何からキャッチするか。

自然の変化の未来情報は何からとらえることができるか。

自然の変化の未来情報は、その色彩の中に最も現れる。

人類はサルから受け継いだ色が視られる能力を駆使して、環境の未来の変化の予兆を色彩の中に見つけてきた。自然体であった祖先たちは、受け取った未来情報を手で描いて表してきた。

ソフィックスは自然界の予知機能を活かして人間の自然体による未来予見法を開発しました。

自然体の手で未来の変化を日常生活で予見する仕組みができました。