哲学するボクサー、村田選手。ミドル級世界チャンピオンに。

外は台風が荒れる中でテレビ中継を見て感動しました。村田選手に感動したのは、ボクシングの強さはもちろんだけど、哲学書を読むというところ。たぶんプレッシャーを消化するには哲学が助けになるのでしょうが、それだけではないでしょうね。彼は持てる力を存分に出し、否、それ以上のパフォーマンスを発揮できたのでしょう。

人が哲学的モードになる時は、例えばこの写真のような自然の荘厳な場面を散策している時があります。自然は哲学的モードに引き連れて行き、迷い悩みは消えてしまう。それに代わって、人生についてとか、幸福とは何かとかに思いをはせ、人間はそんな時をもたねばならないのでしょうね。自然は哲学する良き案内者であり舞台でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.